ABOUT

ようこそ。ご訪問ありがとうございます。 『なんな』と申します。 にほんの文化を大切に 季節の室礼と、子を想う手仕事を題として、 にほんの伝統工芸『つまみ細工』を製作しています。 私にとって、ものづくりの時間は、子を想う祈りの時間です。 『Na'n'Na』とは、子を想う手仕事から生まれたハンドメイド作品の造語です。 娘と私の名前の頭文字を繋げ、『子と供に。。。』というような意味を付けました。 子と供に、常に成長を目指し、 手に取って頂いた時に温かい気持ちになれるような品をお届け出来るようにと、 花弁ひとひら、ひとひらに心を込めて摘んでいます。 ~季節の室礼(しつらい)~ 室礼とは、季節や人生の節目に合わせ、室内に花、書、ものなどを飾り、心豊かに楽しむものです。 春夏秋冬を五感で感じる季節の習わしや年中行事は、節目節目に立ち止まり、感謝の心で手を合わせる、にほんの心。 節目を迎えるための『室礼のお支度』は、季節を巡る暮らしに溶け込んだ、祈り。 子育ての中で子どもの成長を祝い、願う母の手仕事も同じく、日々の祈りだな。。と、常々思っておりました。 子を想う手仕事に心を尽くし、母の手になり代わって、ハレの日のお支度をお手伝いさせて頂きます。 Na'n'Naのつまみ細工を通して、暮らしの幸せのお手伝いを少しでも出来れば嬉しく想います。 感謝のうちに。。。 Na'n'Na   佐伯 渚